認定支援機関に登録されました。

query_builder 2021/06/28
ブログ
スクリーンショット 2021-06-28 104544

公認会計士・税理士の岡田です。

この度、2021年6月25日付で経営革新等支援機関、いわゆる認定支援機関への登録が完了しました。

今回は認定支援機関とは、その活用方法にはどんなものがあるかを紹介します。

経営革新等支援機関とは?

経営革新等支援機関とは、中小企業庁のHPによると、


「税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上の個人、法人、中小企業支援機関等を経営革新等支援機関として認定する」


とあります。


支援機関には公認会計士、税理士、中小企業診断士などの士業のほか、銀行や商工会、商工会議所なども登録されています。


登録にあたっては専門知識のほか、実務経験も必要になります。

認定支援機関を活用した制度にはどんなものがある?

活用場面の例示として、ミラサポPlusでは大きく5つの場面を紹介しています。



その他、具体的な利用場面としては



  • 創業融資を受ける際に金利の優遇を受けることができます。



このように、困ったときの相談相手のほか、補助金や助成金といった国の施策を利用する場合に支援機関の利用が要件となっている場合もあります。



認定支援機関をお探しの際はぜひ当事務所のご利用をご検討ください!


NEW

  • 生命保険一般課程試験を受けました

    query_builder 2021/09/17
  • レンタルオフィスを退去しました

    query_builder 2021/09/09
  • 認定支援機関に登録されました。

    query_builder 2021/06/28
  • 株式会社の設立費用はどのくらいかかるのか?

    query_builder 2021/05/31
  • 資本金はいくらがいいのか?

    query_builder 2021/05/24

CATEGORY

ARCHIVE